images.jpg

2007年04月10日

兵庫県立美術館

●兵庫県立美術館

kenritubijyutukan001s2.jpg

兵庫県立美術館は、平成14年4月に王子動物園の南向かいの兵庫県立近代美術館が移転し、兵庫県立美術館として開館しました。
建物は、日本を代表する建築家・安藤忠雄氏の設計です。

兵庫県立美術館は、展示棟、ギャラリー棟の2棟に別れており、展示棟では常設展、企画展などが催されています。

常設展では、金山平三記念館と小磯良平記念館があり、郷土ゆかりの両大家の作品をいつでも観覧することができます。

フロア内には神戸メリケンパークオリエンタルホテル直営のレストランもあり、手頃なコースメニューもありランチ、食事も楽しめます。


●ギャラリー棟

主にギャラリーとアトリエとミュージアムホールがあり、棟の外に出るとオープンテラスのある素敵なカフェがあります。
ここからは海が見え、この海岸側から見る美術館も壮観です。
そして海岸に沿って緑の鮮やかな公園が続いています。

●兵庫県立美術館でウエディング

西日本で最大級の公立美術館の兵庫県立美術館では、2004年11月より美術館内での結婚式を企画しました。
挙式では美術館入り口のホールや屋外テラスなどを開放し、
美術館内のレストランで披露宴を行います。挙式の企画・運営は神戸メリケンパークオリエンタルホテルが担当しています。



posted by 浪花の華麗なる一族 at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸 エリアガイド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。